幼稚園概要

教育理念

教育理念

  • 1.自ら考え、自ら育とうとする芽生えを育む。
  • 2.教える教育から、学び合う教育へ。
  • 3.子ども、教師、親が対等な存在として尊重し合える場づくり。
  • 4.「学び」への絶え間ない探求と実践。

当園の教育ポリシー

  • 道徳的実践力の育成

  • 多様な指導と活動の実践

  • 日本の伝統を学ぴ、世界交流する

  • プロジェクト学習の推進

  • 白発的学びの過程の重視

  • 成果を出し力を付ける教育の実践

教師の教育ポリシー

写真
  • 子供たちの生活や、日常生活からテ一マや課題を読み取り、プロジェク卜活動へ発展させる。

  • 活動の進展を明確にするため、教室に掲示し、より一層暦学びが深まり、継続できるよう配慮する。

  • 活動は検証、あるいは実験観察を中心に行い、真実を探求していくことにあり、その際、教師は正解を示すのではなく、却って「わからないので一緒に調べましょう」或いは「わからないから教えて」或いは、間違った答えを示して子供たちの知識や認識を計るなどの方法を使う。

  • 幼児の発達の差を考慮し、決して子供に強制はしない。しかし、課題や発達の状態については日常的に観察記録を行い、個々の成長の変化を理解して指導に活かす。

  • 個性や個人差を認め合い、有意な情報として学んでいくため、子供会議を尊重し、できる限り見守る。

  • 道徳の指導においても、押し付けるのではなく一つ一つ意味や理由を理解認識できるよう丁寧に話し合う。

  • 子供たちの健康管理のため、運動遊びをバランスよく取り入れ、グラウンドで遊具やボ一ル、縄跳びなど体カのつく遊びの展開を促す。

  • 健康で安全な生活を自ら獲得する力を養うよう配慮する。

  • 上質な育ちを身につけるため、言葉を正しく話すよう根気よく指導する。

  • 言葉による表現力を身につけさせるための日常的努力を行う。

  • 全ての活動から「先入観」や 「決め付け」を排除し創造的な思考が行われるよう、あらゆる物を受け入れ、参考に創意工夫をしようとする。

  • 教師の苦手分野をポジティブに捕らえ、工夫や知恵をもって教育内容のバランスをとる努力をする。

  • 子供一人一人に対し、幸せを願う、気持ちを基本として接する。

園長からのメッセージ

私は子どもが大好きです。

私は、どの国に行っても子どもを見かけると笑いかけてしまいます。なぜなら、ただ可愛いだけでなく、希望とか可能性が小さしい体に秘められているかと思うと、会っている瞬間が貴重に思えてきて「この子の良い表情を見たい!」と、笑いかけてしまうんです。

幼稚園は初めての社会勉強の場

私の教育理念の根本は子どもの幸せのための一点に集約されます。幼稚園は子ども達が幸せな生涯を送る為の初めての社会勉強の場と捉え、photo暖かく、しなやかな雰囲気作りを心がけ、共に生きる心地よさを育てていきたいと思っております。

「子ども時代」の「学び」プロジェクト活動

私は、子ども達が興昧や関心を持つ事が何よりも嬉しいです。一緒に考えたり、教え合ったり、実験してみたり…。互いを認め、触発し合いながら豊かで希望あふれる創造の世界を展開していくところに「子ども時代」の「学び」の姿があります。そこで、当園では「プロジェク卜活動」を中心とした保育を行っています。
この活動では、子ども達の日常生活からテ一マや課題を読み取り、学びヘと発展させていきます。 2008度は、色図鑑や発見ノ一卜作成、畑作りから食育など、様々なテ一マに挑戦しています。初めての野菜の栽培が難しく図鑑とにらめっこする子。スプーンの内側と外側だと映る顔が逆さまな事に気づき、自慢げに発表する子。初めてのお料理に挑戦し、苦手な野菜を食べられて嬉しそうな子。ただ、結果的に「楽しかった」だけではなく、1つ1つの活動での出来事を楽しみ「あれ楽しかったね。」 「難しかったけど、出来た時嬉しかったなぁ」と味わう事が出来る深みある学びを自指します。
また、この活動を行っていくには、保護者の皆様の協力と、地域・専門家の方々との関わりが必要です。当園では、園対子どもだけではなく、保護者ボランティア・地域ボランティア・専門家の皆様の協力のもと、「共に育ち合う」をコンセプ卜に活動に取り組んでいます。

すベてにピュアな幼児期だからこそ・・・

子どもとはいえ、立派な人格を持っている事を念頭に置き、一人一人が「より良く育っている」を自覚出来るようにしっかりと教育させて頂きたいと思っております。すべてにピュアな幼児期だからこそ、本物を教材とし、確かな学力を育成していきましょう。そして、子どもと共に豊かに楽しく園生活を工ンジョイしてまいりましょう!!

幼稚園の沿革

名称

学校法人東山学園 坂戸あずま幼稚園

理事長・園長

鈴木悦子

創立年月日

昭和49年3月7日

住所

〒350-0222 埼玉県坂戸市清水町13-14

電話番号

049-281-8715

職員数

25名